STAFF BLOG

ウエストがくびれるキックボクシングのダイエット方法!

こんにちは、パーソナルトレーナーの山下です。
キックボクシングでウエストを細くする方法についてご紹介します。

ダイエットを成功させウェストを細くするには……

まず、女性の方の悩みに多い何故ウエストが太いのか?の原因として
ウエストが太い人の原因の多くは“脂肪”です。
他にも、インナーマッスルが弱い為に、お腹を引き締める力がなく、ウエストが太くなることもありますが、脂肪による要因の方が多いです。

なので、お腹の脂肪を落とすことが出来れば多くの人はウエストを細くする事が出来ます。
では、具体的に脂肪を落とすには、何をすればいいのか……

それは、『無酸素運動』『有酸素運動』です。

ダイエットをするには“筋トレ(無酸素運動)”と“有酸素運動”のどちらも大切です。

もちろん食事コントロールも大切です。

 

何十分という長時間継続して行うような有酸素運動の方がカロリーを多く消費出来る事は誰もが知っていますが、それに対して、短距離走やウェイトトレーニングのような無酸素運動は脂肪燃焼には向いてない種目とされてきました。


しかし、無酸素運動を行うと脳下垂体という司令塔からの命令により、『成長ホルモン』が分泌されます。

『成長ホルモン』は骨や筋肉の成長させる働きがあるのはもちろん、脂肪も分解させる働きがあるのです。

『成長ホルモン』は一度分泌されると約6時間は持続して分解するので、有酸素運動の前に無酸素運動をする事によって脂肪燃焼効率が格段に上がり、約3倍の効果になります。

例えるなら、有酸素運動をして約15分しないと分解が始まらない脂肪が、約5分程度の時間で効率的な脂肪燃焼がおきるのです。

つまり、無酸素運動を行ってから有酸素運動を行う事が脂肪燃焼効率が一番良いのです。

しかし、有酸素運動と言っても 『ランニング』や『自転車』などがありますが、単純運動で飽きてしまいますよね?

飽きてしまって続かないなら、有酸素運動も意味がありません。

そう考えるとおすすめなダイエットが『キックボクシング』です。

『キックボクシング』は女性にも大人気で有酸素運動の中でも、最も運動効率がよく、パンチやキックを出す時に、体幹を固め、ウエストひねる動作を行うので腹筋の強化にもなり、また、ダイエットの敵になるストレス発散まで出来てしまいますので、飽きずに継続して、行う事が出来るのです。

styleのキックボクシングパーソナルは、筋トレで無酸素運動をした後にキックボクシングの有酸素運動で最強の組み合わせです。
皆さんも『キックボクシング』をやって、ウエスト痩せ目指してみませんか?